FXはチャートを勉強するべきです!

FXで必要になるチャート分析

 

FXで大きな結果を出すためには情報の分析が不可欠になります。その中でも、為替相場の変動を記録しているチャートの分析は非常に大切になります。チャートは、過去から現在の相場を記録しているグラフのことを言います。

 

このグラフを見ると過去のどういった事象によって相場が大きく変動したのかがわかるようになるのです。チャートの分析方法は様々ですが、最も注意をして見なくてはいけないことの一つは時間です。取引がいつどの時間で行われているのかをきちんと把握しなくてはいけません。

 

なぜかと言うと、FXは国内だけで行われている取引ではないからです。外貨の交換は世界中で行われています。24時間活発に相場は動いていますので、その間はずっと取引が出来るようになっているのです。

 

問題なのは、国内とは時差があってその取引の時間には大きな誤差があるということです。国内で真夜中の時間や朝方の時間であっても、時差によって取引が活発に行われている時間帯もあります。

 

基本的に、投資というのは活発に取引が行われている時間で行わないと結果を出しにくくなっているので、取引が活発に行われている時間帯を見つけることはそれだけで大きな利益に繋がるわけです。

 

チャートの分析によって取引の出来高の多いところを見つければ、FXで大きな利益が約束されるのです。そのことを忘れてはいけません。

他の投資と比較したFXの特徴

FXとは外国為替証拠金取引の略称です。これは外国為替相場の変動を利用して通貨を売買し、その差益を利益として受け取ったり、通貨毎の金利差を利用して利益を出したりする投資方法です。

 

一昔前に比べて参加者は明らかに増えており、特に最近では各企業がテレビCMや広告に力を入れているため、従来投資に関心を持ってこなかった層でも知名度が高まっています。株式投資などに対するFXの特徴としては、なんといっても参加者の多さがあります。

 

株式相場とは異なり、外国為替相場には投資家以外にも多数の人や企業が参加しているので、少数者の売買の影響が相場に現れにくく、各参加者にとって公平であると言えます。

 

また、各会社が広告に力を入れている事とも関係しますが、多くの証券会社の口座開設キャンペーンなどのお得感がある企画を行っており、一般の人にとって参加障壁が低いことも特徴に挙げられます。

 

さらに、インターネットを通じて情報を収集しやすいことも特徴の一つです。特に証券会社のサイトには、初心者に配慮したコンテンツが大量に用意されており、別段の予備知識がなくても投資に参加できる環境が整備されています。これは比較的専門性が高い他の投資形態とは異なるFXの特徴だと言えます。

初心者のFXの会社の選び方

為替取引をするのが初めての方は、どのFX会社にしたらいよいのかよくわからないケースが多いです。為替取引は日本の会社だけではなく、世界中の会社に口座を作ることができますので、選択肢がとても多く、初心者が戸惑う理由の一つになっています。

 

欧米の会社は、レバレッジが高いなど、サービスの内容がとても魅力的ですが、日本語に対応をしておらず、取引画面が全て英語の会社もありますので、欧米の会社に口座を作るのは、為替取引に慣れてからにするとよく、初心者の方は日本語表記で、取引が簡単に行える日本の会社にするのが無難です。

 

日本のFX会社もいろいろな会社があり、優れたサービスを提供をしている会社が多くなっています。メリットの大きいFXの会社は、通貨ペアが豊富で、スプレッドが狭い会社になりますが、初心者の場合は、細かいサービスの内容よりも、デモ口座のサービスがある会社にすると、お金をかけずに慣れるまで、無料でトレードの練習をすることができます。

 

初心者の方にとって為替取引は、とても複雑のように思えますが、仕組みはとても単純ですので、デモ口座を使ってしばらく練習をすれば、トレードの仕方を簡単に覚えることができます。慣れた後に実際にお金をかければ、練習で磨いた腕を発揮することができます。

 

FX口座で迷ったらFX口座比較というサイトを使って検討するのも一考です。まとめサイトのように一覧で比較しやすいように掲載されているため、FX初心者であってもわかりやすく理解できます。